投稿

12月, 2018の投稿を表示しています

CCC2018開催のお知らせ【訂正あり】

【訂正があります】
この記事の内容に誤りがありましたので訂正をさせていただきます(2019年1月1日現在)。間違いがある箇所は取り消し線を引き、訂正後は下線を引きました。参加を考えていた方、誠に申し訳ありませんが再度内容の確認をお願いします。なお、今後も本記事を改善していくことがあるかもしれませんが、大きめの変更点があればtwitterなどを用いお知らせしていきますのでよろしくお願い致します。(二年部員 鈴木)




CCC2018開催のお知らせ 大変お待たせ致しました!

CCC2018の詳細が決まりましたので、募集を開始しようと思います。

その前にもう一度、「CCCとは?」
CCCとは、Christmas(クリスマス) Cormorant(カワウ) Count(カウント)の略で、その名の通りクリスマスにカワウの個体数調査を行うイベントです。例年はクリスマスに開催するのですが、今年は少し遅い1月27日に開催します。CCCは学生が中心となって始められたイベントで、毎回、調査が初めてという方も多く参加されています。イベントへの参加を通しての交流を深められればと思っています。

~~~~~~~~内容~~~~~~~~~~~~~~ ◎日程 2017年1月27日(日)
2019年

◎場所 カモメ自治会集会場もしくは福栄連合自治会館(メイン会場)、行徳駅前公園研修室(打ち上げ会場)

◎プログラム 基本プログラムは早朝調査6:00~9:00, 講演会14:00~15:00, 打ち上げ18:00~20:30です。希望者は早朝調査終了後の午前中に野鳥病院の見学、午後は保護区の観察会13:30~15:30(+ 夕方のカワウの塒入り観察)の方に参加することも可能です。  
◎参加費 無料(新年会に参加される方は参加費1000円が必要となります)



□当日はどの時間帯でも自由に参加できます。

□前泊について 友の会事務所で(一応)前泊が可能です(定員は10名程。寝袋等は各自ご用意お願いします)。また当日の朝食は各自持参となりますのでご了承ください。

□前泊希望者へ  近場に食事場所が無いので夕飯を食べて来ることをお勧めします(電気ポット、電子レンジ、ガスコンロはあり)。なお前泊場所の後ろは住宅地ですので夜はお静かにお過ごしください。

□当日の昼食について  会場近場に食事場所が無いので希望者はお弁当(ほっともっと)を頼む予…

お知らせ!CCC2018          ~Christmas Cormorant Count~

はじめまして。

一年部員の佐藤と申します。 CCC開催のお知らせをさせていただきます!

いっしょにカワウのカウントをしませんか?

●CCCとは? CCCとは、Christmas(クリスマス) Cormorant(カワウ) Count(カウント)の略で、その名の通  りクリスマスにカワウの個体数調査を行うイベントです。例年はクリスマスに開催するのですが、今年は少し遅い1月27日に開催します。CCCは学生が中心となって始められたイベントで、毎回、調査が初めてという方も多く参加されています。イベントへの参加を通しての交流を深められればと思っています。


日程:2019年1月27日(日曜日)

場所:連合自治会館(メイン会場)ほか、早朝調査は行徳鳥獣保護区近辺の河川等で行います。

内容:早朝調査(6:00~)、講演会、打ち上げなど.

参加費:無料(打ち上げに参加される方は参加費1000円が必要となります。また、打ち上げではプレゼント交換を実施します。交換用のプレゼント(500円相当)を各自ご用意お願いします。)


詳細が決まり次第再びお知らせさせていただきます! 引き続き、野生動物研究会blog,twitterにご注目ください!

極寒!夜の高尾山!2018.12月

イメージ
お久しぶりです。



2年部員の鈴木です。

先日、野生動物研究会の企画で高尾山に行ってきました。
企画内容は日没に合わせて高尾山に登り、日没後、下山しつつ哺乳類などを探すというもの。今回は寒い中一年生2人が参加してくれました!


観察できた哺乳類は
ホンドタヌキ×2 ムササビ×2
でした。

ムササビは目視確認できた2個体のほかに違う場所で鳴き声を聞くことができました!

また、下山後、駅までの道を歩いているとムクドリ~ハトサイズの茶色っぽい中型の鳥が目の前を横切りました。あれは何だったのだろう?(トラツグミorヤマシギあたり?) 見られたのは一瞬だったので迷宮入りです 笑


こんなところで今回の記事は終わりとします。最後に今回撮影したムササビの写真を載せておきます。




※夜の哺乳類観察の際には動物を驚かさないよう赤いセロハンなどで懐中電灯を覆って赤い光で観察しましょう!また、高尾山でムササビ観察をする際には薬王院の社務所でムササビ観察の許可をもらうようにしましょう!


それでは!