2012年4月3日火曜日

多摩川調査報告

大変遅くなりすみません、ため込んでいた12月~3月の多摩川調査報告です。
 
○実施月
12月、1月、2月、3月
○調査地域
東京都府中市多摩川の是政橋~関戸橋
○調査時間
9時半~12時半
○観察された鳥
カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、コハクチョウ、マガモ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、オオバン、トビ、チョウゲンボウ、イカルチドリ、イソシギ、ウミネコ、セグロカモメ、カワセミ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、アカハラ、ツグミ、ウグイス、セッカ、ホオジロ、アオジ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト、アオクビアヒル
 
○備考
11月までいなかったカモ類が12月から見え始める。10年単位でみるとやはり数は減少しているが、去年に比べて渡来数が増加し、去年は見られなかったヒドリガモ、ハシビロガモ、オカヨシガモが観察された。コハクチョウが1羽だけいた。記録に残っていないので、おそらく偶然迷い込んできた個体。
3月の調査では、カモの数が減少し、その代わり、ウグイスやセッカのさえずりが聞こえ始めていた。春ですね。
調査区域一帯で、大規模な草刈りが行われ、ヨシ原や低木がばっさり刈り取られていた。えらく殺風景。今後にどう影響するかが気になる。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿