2016年8月30日火曜日

5月~7月多摩川調査

こんにちは。Rn3年永井です。

しばらく更新をサボってしまったため、多摩川調査について三ヶ月分をまとめて報告します。8月分からはもう少し写真を載せるなどしていきたいと考えています。


・調査日程:5月29日(日)、9:25~12:00
・天候:晴れ
・調査人数:3人
・確認種(27種)
キジ、カルガモ、カワウ、アオサギ、コサギ、コチドリ、トビ、オオタカ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ(声)、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、セッカ、オオヨシキリ(声)、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アイガモ(?)、カワラバト、ガビチョウ

冬鳥が去り、全体の種数は減っていた。オオヨシキリが鳴いていたほか、幼鳥の個体が数多く見られ、オオタカとそれをモビングするハシボソガラスなども観察できた。


・調査日程:6月19日(日)、9:13~11:50
・天候:曇り
・調査人数:6人
・確認種(29種)
カルガモ、カワウ、アオサギ、コサギ、ダイサギ、コチドリ、トビ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、オナガ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヤマガラ(声)、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、カワラバト、ガビチョウ

今回は他大の方にも参加してもらい、参加者6人と賑やかな調査となった。5月に続きハクセキレイ、カワラヒワなどの幼鳥の姿が多く観察された。また、調査区域内で複数回チョウゲンボウに遭遇。同一個体と思われるが、草地の上空で鳴きながら滑空、ホバリングを繰り返していた。


・調査日程:7月30日(土)、9:20~11:44
・天候:晴れ
・調査人数:2人
・確認種(31種)
カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、コサギ、ダイサギ、コチドリ、イソシギ、トビ、アオゲラ(声)、チョウゲンボウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(声)、セッカ、オオヨシキリ(声)、ムクドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ(声)、カワラバト、ガビチョウ(声)

当日は猛暑となり、鳥達も口を開けている姿が多く見られた。数ヶ月ぶりのキセキレイや、15羽以上の群れで行動するコチドリなどが観察された。先月に続きチョウゲンボウも見られたが、近くで繁殖していたのだろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿